ホーム > 法人概要

ごあいさつ

 濃尾平野南西方向に鈴鹿連峰より北へ養老山脈、伊吹山脈が走り、西北には加賀白山の峰がそびえる当地大垣市は四季折々の花が咲き誇り、自然に満ち溢れた水の都です。この地で地域に貢献すべく社会福祉法人北晨を設立し、特別養護老人ホームパサーダを開設いたしました。
 社会福祉法人『北晨』の意味は『北極星』のことです。北の空に輝くこの星を探せば、どこへ行っても方角が分かります。当施設も大垣市の北方に位置しています。道に迷った時、帰るべき場所に必ず導いてくれる、そんな願いを込めて『北晨』と名付けました。特別養護老人ホーム『パサーダ』はインドの梵語であるサンスクリット語です。釈迦が悟りを開く前に、弟子を集めて語ったガンジス川の上にある丘の名前だとも云われています。人間も最期に欲望が無くなった時にこの『パサーダ』に戻ってくるであろうという意味を込めています。
 無償の愛を求め、掲げた法人理念である『限りなく愛と感動を明日へ』のもと、この原点からの歩みをこれからも確実に前に進めていきます。そして今後もご利用者様の為、地域の為、社会の為に貢献してまいります。同時に共に歩む職員や各関係者が誇りと生き甲斐を感じられる福祉現場を創造し、地域のセーフティネットの役割を果たしていくよう日々研鑽に努めてまいります。皆様方のよりいっそうのご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

経営理念

「限りなく愛と感動を明日へ」を理念に、ご利用者様が恵まれた自然環境と快適な日常生活に配慮した施設で、ぬくもりと優しさが享受でき、生きがいと喜びに満ちた日々を過ごしていただく福祉の拠点として、北極星の如くゆるぎない信念を持ち、地域の信頼を得ながら事業を展開します

経営方針

1 2 3
ご利用者の尊重
納得される介護サービス
安心される生活環境の確保
職員の資質の向上
職員研修の実施
地域・ボランティアとの
連携・交流

定款

役員報酬規程

行動計画<次世代育成支援対策推進法>

行動計画<女性活躍推進法>

レポート

令和3年度
事業計画
事業計画 主な年間計画  
予算
収支予算書    
令和2年度
事業計画
事業計画 主な年間計画  
予算
収支予算書    
現況報告
現況報告書 計算書類  
事業報告
事業報告書    
令和元年度
事業計画
事業計画 主な年間計画  
予算
収支予算書    
現況報告
現況報告書 計算書類  
事業報告
事業報告書    

「北晨」役員

ページの
先頭へ戻る